研究推進機構 総合研究院 先進農業エネルギー理工学研究部門と農理工学際連携コースが共同シンポジウムを開催しました

2017年7月25日(火)、諏訪東京理科大学にて、
研究推進機構 総合研究院 先進農業エネルギー理工学研究部門と農理工学際連携コースが共同シンポジウム
「農×食×健康 で豊かな暮らしを目指すこれからのスマート農業」を開催しました。

画像は当日の様子です。

開催

シンポジウムの予稿集や資料

渡邊研究部門長より開催の挨拶

シンポジウム会場の様子

河村学長より一言 ご挨拶をいただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1部

「縄文文化から考える食と農、ビジンサマ・マルシェの取り組み」の講演(中村恭子様と渡邊研究部門長)

「工場野菜の可能性~八ヶ岳の美味しい水と空気で作る工場野菜~」の講演(百瀬真希様)

「植物の生き様を知り、植物の力を生かす~食料・環境・エネルギー問題への挑戦~」の講演(朽津コース長)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ランチタイム

地元野菜を使ったお弁当

会食の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2部

「農作物におけるオートファジー・活性酸素の重要性と次世代農業への活用」の講演(来須孝光様)

「植物におけるゲノム編集技術とスマートアグリに向けて」の講演(村中俊哉教授)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリータイム

地元野菜を使ったスムージをふるまいました

情報交換会の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。