未来の生活を支える技術(電気自動車、スマートハウス、スマートフォン)を学ぶ、電気電子工学科の特色について

電気は人々の暮らしには欠かせないものです。

未来はさらに、「クルマ(電気自動車、燃料電池車)」、「エコハウス(スマートハウス)」、「次世代情報通信技術(スマートフォン)」など新しい技術それぞれが全て繋がり、人の暮らしのありかたも変化していくことが予想されます。

諏訪東京理科大学 工学部 電気電子工学科では、そのような時代に迅速に対応するために、環境に優しいエネルギー変換技術から効率よく(低消費電力で)電気を使いこなす技術に至るまで、未来の人々の暮らしを豊かにする電気電子技術を学ぶことを特色としています。

自然エネルギーを最大限に利用し、環境に負担をかけないスマートハウスや電気自動車(燃料電池車)、スマートフォン等の最新の技術開発に携わる人材を育成する環境を整えています。

下に電気電子工学科の特色を紹介します。

①人々の暮らしを豊かにする、Green Life Technologyを学びます

電気は人々の暮らしには欠かせないものです。本学科では、環境に優しいエネルギー変換技術から効率よく電気を使いこなす技術に至るまで、未来の人々の暮らしを豊かにする電気電子技術を学ぶことを特色としています。自然エネルギーを最大限に利用し、環境に負担をかけないスマートハウスや電気自動車(燃料電池車)、スマートフォン等の最新の技術開発に携わる人材を育成します。

②電気エネルギーの創生・蓄積・利用を体感できる実践的な教育

電気を作って、蓄えて、効率的に使いこなす体験学習ができます。講義による基礎学習と、太陽電池、燃料電池、風力発電、モーター、LEDを題材とした実験学習とが両輪となって、実践力に磨きをかけます。さらに自然豊かな長野県の環境資源を活かした再生可能エネルギーの開発等を通して、地域産業をグローバルに展開する力を養います。

③未来の生活環境を実現、エネルギーラボ

電気は安くて目に見えないからこそ無駄にしがちです。そこで、発電設備から人々の日常生活に電気が届くまでの各技術について「見える化」を意識した活動を行います。太陽光発電、電気を蓄えるバッテリー、ITを利用した電力制御等の技術を融合させた次世代電力ネットワーク(スマートグリッド)に関連する教育研究を通して地域の未来に役立てます。

電気電子工学科の特色

さらに、当学科の取り組んでいる研究などさらに詳しい情報は順次UPしていきますので、ご期待下さい!