自治体、地元企業などとの共同研究進む<その2>

松江研究室では安曇野市や県内企業と共同で地域ネットワークを活用した地域に安心・安全を提供する通信サービスを開発中であるが、9月の2日間、 安曇野市において、清水研究室も加わって大学院生や卒研生など計9名が参加し、個人の健康情報をネットワークで集約、表示、管理する健康情報管理サービス 実験を行いました。また、市内観光地において、GPSによる位置情報と連携した観光情報提供サービス実験を行いました。今後はサービス完成度を向上させ、 市民などに実利用するモニタ実験を予定しています。

20121129_4[1] 20121129_5[1]

健康情報管理サービス実験の様子

20121129_6[1] 20121129_7[1]

観光情報提供サービス実験の様子