工事担任者AI・DD総合種の国家試験に合格

向山 一成 君

電子システム工学科3年

[岡谷南高等学校出身]

本学では、各種資格の取得に向けた支援活動を積極的に行っています。

その一環として、電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種の国家試験が11月24日(日)におこなわれ、システム工学部電子システム工学科3年の向山一成君が見事合格しました。

試験科目としては、「電気通信技術の基礎」、「端末設備の接続のための技術及び理論」および「端末設備の接続に関する法規」の3科目があり、すべてに合格する必要があります。

夏休み期間の8月29,20日に大学主催で行われた試験対策講座である集中講義に参加して以来、11月の試験日までの約3か月間、集中的にほぼ毎日2~3時間の試験勉強を行ってきました。具体的には、これまで大学において学んできた数学、物理、電気回路、電子回路、通信工学、ネットワーク工学などを総合的に復習しつつ過去5年間分の試験問題にも積極的に取り組んできました。

この AI・DD総合種は工事担任者の中の最上位種であり、合格率は15%程度と難関国家試験の1つです。この合格を励みに今後は卒業研究にも積極的に挑戦していきます。

試験勉強の様子3

関連ページ

 

   国家試験等の資格取得に向けた支援活動について
    https://www.es.sus.ac.jp/qualify-support/

 

    学生に合わせた教育方針 -基礎学習から応用へ-
    https://www.es.sus.ac.jp/introduction-class/

 

   未来の生活を支える技術(電気自動車、スマートハウス、スマートフォン)を学ぶ、電気電子工学科の特色について
    https://www.es.sus.ac.jp/info/tokushoku20131212/