学生インタビュー"

卒業生インタビュー

学生の数だけ進路がある。SUWA-RIKAの将来設計

知らないことを吸収していく人の目には、強い光が宿っています。
研究室で切磋琢磨し、その探究心を社会で発揮するに至った夢ふくらむ歩みを知るべく、
最先端技術を生み出す企業の現場でまだまだ多くのことを吸収しつづけている本学卒業生に、
過去と現在、そして未来をたずねました。

株式会社 システックリサーチ インク 調整部門

高 凌翔さん [中国人留学生]

2012年3月
大学院工学マネジメント研究科修了

高 凌翔さん [中国人留学生]試験業務風景

高 凌翔さん [中国人留学生]PCでデータを設定してスイッチでオンオフ、これを繰り返して全機能と性能を確認しています。 ノートにみっちりメモが書かれているのが分かりますか?

 

私は中国にある4年生大学の工学部を卒業後、2008年10月に日本に来て、1年間長野国際文化学院において日本語を勉強、日本語検定1級を取得し、その後、2010年4月から諏訪東京理科大学大学院で松江研究室において、次世代の高速無線通信技術に関する勉強および研究をしてきました。

最初は内容が難しく理解するのに大変苦労しましたが、先生はじめ同僚にわからない点は質問するなどして、日本語能力の向上とともに技術についても理解が深まっていきました。そして、修士論文のテーマとして、無線通信に不可欠な「高速変復調技術の研究」を選定して、計算機シミュレーションを中心に検討し、修士論文を完成させました。

2012年4月より株式会社 システックリサーチ インクに就職してその調整部門で勤務し始めました。調整部門では当社製品の性能を正確に計測するため、あらゆる測定器の基本から応用までを熟知して使いこなさなければなりません。計測して本来の性能が満足されていない製品には調整を施しますが、これには電子回路理論を理解して回路図が読め、計算ができなければなりません。この他にも会社や日本社会のシステムなど、毎日の業務をこなしながら技術や知識を習得しマスターできて一人前と認められた時、私にも新たなチャンスが与えられます。今はまだ社会人一年生として経験豊富な上長の下、黙々と与えられた業務をこなす日々が続いていますが、いつかは独り立ちして自社に貢献することを目指しています。

また、自社が中国をはじめとする海外展開を行う際にはキーマンとなって活躍できるようしっかり実力をつけていることころです。中国などからの留学生のみなさん、高い志と希望を持って諏訪東京理科大学システム工学部電子システム工学科に入学して自分の夢を叶えませんか。

 

 

夢への第一歩を踏み出すことができました

油井 拓磨さん

ドコモ・テクノロジ株式会社
無線NW事業部
2012年3月 大学院工学マネジメント研究科修了

油井 拓磨さんドコモ・テクノロジの社員として業務をがんばります!

 

私は在学中、学部および大学院の計3年間松江研究室に所属して高速無線通信に関する研究をしておりました。OFDM変調方式について、コンピュータ上に無線通信モデルを構築し、シミュレーションによりデータ解析を行っていました。解析したデータは研究成果としてまとめ、学会などで発表させていただきました。研究室では同期や後輩との交流も活発に行い、研究について熱く議論を行ったり、趣味の話で盛り上がったりなど充実した学生生活を送ることができました。

現在は、ドコモ・テクノロジ株式会社で無線通信制御装置に関わる仕事をしております。無線通信制御装置の機能追加に伴う試験項目の検討、日々の業務で起きている課題に対して原因分析/対策立案の打ち合わせ、進捗会議への出席など日々多くのことを学びながら仕事を行っております。日々の業務の中で、研究室で学んだ無線通信技術の知識や経験が活かされているのだと実感しております。

私は無線通信に関わる仕事に就き、世界中の人々をつなげたいという夢を持っていました。ドコモ・テクノロジ株式会社に入社し、夢への第一歩を踏み出すことができました。そんな今の私があるのは、ご指導いただいた教授をはじめ、研究室で仲間との交流、また最先端技術に触れる経験があったからこそだと感じています。 諏訪東京理科大学は様々な経験と自分自身の考えを大切にできるところです。ぜひ皆さんも、自分のありたい姿を考え、その姿に向かって行動をしてみてください。そして、何より大学生活を楽しんでください。

 

 

幅広い分野の勉強が生きる日々

湯田 真澄(ゆだ ますみ) さん

天龍精機株式会社
2011年3月電子システム工学科卒業
[長野県] 駒ヶ根工業高校卒

湯田 真澄さん業務の様子

 

湯田 真澄さん

自動機の組み立てグループでひとつの機械を任されています。設計から部品の加工、組み立て、出荷まで一貫して行っていることに興味を持ち、会社を選びました。

将来は設計、開発に携わりたいと思っていますので、組み立ては製品自体を知ることができ、やりがいのある毎日です。

大学では幅広い分野で、分からないことは納得するまで教えてくださいました。その知識が今、あちこちに生きていると感じます。

 

 

研究室での経験が仕事に直結

斉藤 達也 さん

長野日本無線株式会社
2011年3月電子システム工学科卒業
[長野県]松本蟻ケ崎高校卒

特機技術部という部署で衛星・防衛に関する設計や開発を行っています。今は先輩の設計補助ですが、自分で担当を持ちゼロからお客様と打ち合わせをして作りあげていくことが目標です。
大学では無線に関する研究室で学び、回路についての勉強は、そのまま今の仕事につながっています。製造業が盛んな諏訪の大学を選びましたが、徐々に専門性を深めるカリキュラムの中で興味を持ったこの職場を選択しました。

斉藤 達也 さん

斉藤 達也 さん

 

東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)

仁科 貴裕 さん

2011年3月電子システム工学科卒業
[山梨県] 韮崎高等学校出身

仁科 貴裕 さん

仁科 貴裕 さん

 

私は大学生活の4年間、山梨県韮崎市からJR線と茅野駅から大学までの無料バスを乗り継いで毎日約1時間20分程度かけて通学していました。

卒業研究では3年次後期から松江研究室に所属し、ユビキタスの本命であるアドホックネットワークなどの無線通信技術について勉強および研究していました。無線通信ネットワークモデルをコンピュータ上に作成しその動作をシミュレーション解析し、その成果をまとめて学会発表という貴重な経験もできました。4年間の中でも卒業研究では、身近に研究室の仲間との日常的な交流など大変楽しく過ごすことができ、充実した学生生活を送ることができました。

現在はJR東日本で鉄道に関する仕事をしています。列車の運行状況や座席の予約などリアルタイムでの情報が必要なこの仕事に携わることで、研究していた通信技術が世間でどれほど活用されているかを実感しています。

在学中に得た知識や経験を活かし、多くの人々の生活を支える鉄道事業に貢献していきます。

 

 

大きさ1cmのリレーに課せられる高い品質

大久保 昇さん

オムロンリレーアンドデバイス株式会社
(旧名称 オムロン飯田株式会社)
飯田事業所 AE製造3G
(AE:オートモーティブエレクトロニクス)

2006年3月(完成年度)
電子システム工学科卒業
[長野県] 松本工業高校(電子工業科)出身

大久保 昇さん大久保 昇さん

大久保 昇さん研究室に立ち寄った2005年度卒業生
(手前左から、中山さん、大久保さん、安藤さん)

 

大学での研究室時代は

私が、卒業研究で平田(陽一)研究室に入ったのは環境をテーマにしたことが動機でした。この年はどこも研究室が初めてだったので、今振り返ると多くのことが学べました。諏訪東京理科大学キャンパスには、まだ住宅用への普及も少なかった太陽光発電システムが40kWも設置されていました。研究テーマでは、そのうちの10kW太陽光発電システムにセンサーを付けて、パワーコンディショナの動作特性を評価しました。具体的な内容は屋外に出て測定対象を設置する力仕事から、研究室で膨大な測定データを自動的に解析したり、パソコンとずいぶん格闘したりしました。その作業もグループで行いましたので、そこでは総合的な力を養えたと思っています。

就職活動で学んだこと

社会人と比べ学生は、自分の為の時間が沢山あるので、どのような道に進むかの選択範囲も広いのです。逆を言えば選択が多すぎて悩む事があります。ある方にその悩みを相談した時に「学生のうちにしっかり悩んで、考えておけば、自分で進んだ道がたとえ選んだ道と違ったとしても、その道に自分なりのやり甲斐を見つけられるはず。今は悩む事が大事。」と貴重なアドバイスを頂きました。それ以来、大学の就職室だけに頼るのでなく、社会人と交流する機会を増やしたり、就職セミナーやハローワークに足を運んだりして多くの悩みを解決してきました。最終的に、オムロン飯田(株)にお世話になることになりました。

 

 

与えられたテーマは

当社は、車載専用の小型リレーの開発・製造を行っています。車載専用リレーとは、皆さんの乗っている自動車の電動パワーステアリング、ウインカー、ヘッドライト、エアコンモーターなど様々な電装品の電気制御に使用されています。車載に要求される耐久性は、-40℃の極寒状態やエンジンルーム内の灼熱状態など過酷で様々な環境下に及びます。古典的な機械スイッチのリレーですが、半導体では成せない大電流の制御ができるのはリレーが使い続けられる理由です。

私が担当しているのは、大きさが1cm角程度の車載リレーの生産ラインを保守管理する仕事です。自動車メーカーからの品質要求は非常に高く、1個の不良でも命の危険にさらされる危険性がある為、神経を注ぎながら設備の保守をしなければなりません。常日ごろ改善を行い品質と生産能力を向上させ、新しい技術を注ぎ込み、革新することがテーマとなっています。

常に勉強の毎日

「改善や革新」など言葉にすれば簡単ですが、構想・設計から設置・効果検証と多岐にわたる為、非常に多くの苦労を体験します。しかし、自分の発想したアイデアがグループ内で展開されて、使い続けられるのが醍醐味でもあります。色々な情報に目を向けて取り入れ、メーカーやグループの人と交流を図り、情報収集してアイデアを改善に結びつける為には日頃の勉強が大切だと思います。情報交換を図るには、相手がもっていない情報をこちらから提供して自分の欲しい情報を手に入れる、「ギブアンドテイク」の関係を構築できる、幅広い知識が必要になってきます。つきなみですが、努力を惜しまず自分を改善していくことが、必要になってきます。

私から後輩へ・・・・

僭越ながら、先輩としての経験から後輩へ是非発信しておきたいことがあります。就職は、大学に頼るだけでなく、自分の足、目、耳をつかって色々な人から情報集めることが大切!ということです。大学、社会と様々な人と出会う機会がありますが、自身の人脈のなかでは点に過ぎないかもしれませんが繋がりを大切にする事で線となり、面となると思います。是非自分の考えを大切にして、学生のうちに様々な経験と勉強を積み重ね、点を線に、線から面に広げるよう心がけてみて下さい。

 

実務経験豊かな教授陣による実践の場に即した教育

宮下 稔さん

KOA株式会社

2006年3月電子システム工学科卒業
(松江研究室)
[長野県]駒ヶ根工業高等学校出身

宮下 稔さん企業での仕事の様子

 

情報システムセンター内で、社内の受注生産システムやネットワークセキュリティに関する業務を担当しています。大学時代、プログラムなどの専門知識はもちろんのこと、システムを構築していく上での考え方が身についたことがとても役立っています。研究室の先生が企業出身の方だったため、毎週の進捗状況の報告など、就職してからの現場に即した教育をしていただいたことも、今の私の力になっています。

 

 

卒業研究に没頭したことが貴重な経験に。

新津 康司さん

株式会社オーク製作所
技術開発部  研究開発グループ

2008年3月電子システム工学科卒業
[長野県]長野高等学校出身

新津 康司さん企業での研究開発の様子

 

在学中は松江研究室に在籍し、携帯電話などのワイヤレス通信の高速化に関する研究をしていました。ワイヤレス通信技術に関してコンピュータ上に通信モデルを作成し、シミュレーションを行い、研究の成果をまとめて学会発表まで行いました。最先端の通信技術を実際に開発していた企業出身の先生から学べ、大変充実した研究生活を送ることができました。

現在は、開発部で放電ランプの点灯技術を開発しています。課題に対して試作を行い、評価・実験をし、ランプ点灯方式を開発していくプロセスは研究室で学んだアプローチと同じです。また、会議や打合せでのプレゼンテーションでは学会発表での経験が自信に繋がっています。研究室で学んだ「課題解決へのアプローチ方法」や「プレゼンテーション経験」は現在の仕事でも役立ち貴重な財産となっています。

目に見えない光が産業を支える。
専門科目がその基礎に。

紫外線ランプを中心とした放電ランプは、半導体、液晶、電子回路基板のメーカー等で、様々なプロセスで使用され、そのメーカー製品が、私たちの生活をより充実させていることが実感できます。

放電ランプの点灯から応用には様々な要素が必要で、諏訪東京理科大学で学んだ専門科目が大いに役立っています。ランプ要素としては物理学・化学、点灯回路には電子回路・電磁気学、点灯制御や計測には電子計測・制御理論と必要な専門知識は多岐に渡ります。諏訪東京理科大学で学んだものを基礎として更に専門性を高めながら放電ランプとその点灯技術を開発していきます。

 

 

研究室で学んだことが今、役立っています

河上 千倉さん

オリンパス株式会社 ものづくり革新センター
製造技術本部 整備技術部 開発グループ

平成18年3月 電子システム工学科卒業
長野県駒ヶ根工業高等学校出身

河上 千倉さん

 

レポートをまとめる技術や何かを伝える力。研究室で学んだことが今、役立っています。

在学中、青木研究室で学びはじめた頃のことですが、インターンシップとして現在の職場で研修させてもらっ たことがとても良い経験になり、結果的に就職にもつながりました。
今の私の仕事は、自社の製品を生産するための設備を設計・開発すること。
研究室で勉強していた半導体製造技術に直接結びつくものではありませんが、仕事の進め方やプレゼンテーションの方法など、大学時代に学んだことは現在、大変役立っています。
青木研究室では、週に1回程度、気になった新聞記事などを要約して先生に提出していました。
技術者として働く今となって、簡潔でわかりやすいレポートを作成することの大切さを実感しており、当時の青木先生のお考えがよく理解できます。
仕事をしていて面白いと感じるのは、一つのモノをいろいろな人とコミュニケーションを取りながら作り上げていく時。
地方の工場で働く技術者の人たちなど、初めて知り合う人たちと仕事を通して打ち解けることができたときは本当に楽しいですね。
大学時代の4年間は、自由に時間を使える貴重な期間。
飽きるまで一つのテーマをとことん勉強してみることも大切ですし、趣味を楽しむ時間や友人と過ごす時間も大切です。
皆さんも諏訪東京理科大学で、ぜひ有意義な学生生活を送ってほしいですね。

 

 

パソコン、車、携帯電話… 豊かな暮らしのための最新機能を実現する

関 大介さん

株式会社ルネサス北日本セミコンダクタ
設計開発本部 第一設計部 設計第三グループ
http://www.kitasemi.renesas.com/

平成18年3月 電子システム工学科卒業
長野県駒ヶ根工業高等学校出身

関 大介さん

 

小さな好奇心を大きな探究心に変える。本格的な学びの現場で磨きをかける。

小さなIC基板をつくる集積回路というものを高校時代に知って、どうやってつくるのだろうという興味が大きくふくらみました。
ひとつのICチップに1000から10億もの素子数が収められたものをLSIといいますが、それについてもっと追求したいと思いましたから、諏訪東京理科大学の電子システム工学科に進むことに迷いはなかったですね。
4年次では半導体集積回路の研究室に所属しました。LSIのメモリセルを設計し、動作安定性を解析して検証するシミュレーションを行いました。最先端の現場から共同研究機関の方々がみえた際に研究成果を発表し、プロの皆さんに具体的に指導していただいたことがとても印象に残っています。本格的な学びは貴重な経験でした。

目標を定めれば必要なことは見えてくる。体系的な学びは、社会の即戦力になる。

現在はルネサスグループの設計・製造会社で、マイコンの開発設計の部門に在籍しています。電子回路は、今や暮らしのいたるところに採用されているもの。パソコンや周辺機器、携帯電話、suicaなどのICカードはあたりまえ。冷蔵庫や炊飯器などの家電製品や車にだって使われ、最新機能を制御するのに欠かせません。そうした電子回路の設計に携わることができて本当に嬉しいですね。
今は研修期間中で、指導者の大きさやすごさを間近で感じては自分も早くその域に達したいと思います。自分の設計した回路が製品として世の中に出ることを想像しただけで、わくわくします。
私の場合、高校時代に自分のやりたいことを見出し、それを実現するために必要な道のりに諏訪東京理科大学がありました。
図面を描き、理論と実験を組み合わせ、それを体系化していく力は、まさに卒業研究で養ったもの。
社会に出て即戦力となるために、大学で得るものはとても大きいと感じています。