学生インタビュー"

留学生インタビュー

海外から本学へ進学

言語も文化も違う日本で、専門的に学ぶ留学生。勉強や学生生活の今をたずねました。

株式会社 システックリサーチ インク 調整部門

高 凌翔さん [中国人留学生]

2012年3月
大学院工学マネジメント研究科修了

高 凌翔さん [中国人留学生]試験業務風景

高 凌翔さん [中国人留学生]PCでデータを設定してスイッチでオンオフ、これを繰り返して全機能と性能を確認しています。 ノートにみっちりメモが書かれているのが分かりますか?

私は中国にある4年生大学の工学部を卒業後、2008年10月に日本に来て、1年間長野国際文化学院において日本語を勉強、日本語検定1級を取得し、その後、2010年4月から諏訪東京理科大学大学院で松江研究室において、次世代の高速無線通信技術に関する勉強および研究をしてきました。

最初は内容が難しく理解するのに大変苦労しましたが、先生はじめ同僚にわからない点は質問するなどして、日本語能力の向上とともに技術についても理解が深まっていきました。そして、修士論文のテーマとして、無線通信に不可欠な「高速変復調技術の研究」を選定して、計算機シミュレーションを中心に検討し、修士論文を完成させました。

2012年4月より株式会社 システックリサーチ インクに就職してその調整部門で勤務し始めました。調整部門では当社製品の性能を正確に計測するため、あらゆる測定器の基本から応用までを熟知して使いこなさなければなりません。計測して本来の性能が満足されていない製品には調整を施しますが、これには電子回路理論を理解して回路図が読め、計算ができなければなりません。この他にも会社や日本社会のシステムなど、毎日の業務をこなしながら技術や知識を習得しマスターできて一人前と認められた時、私にも新たなチャンスが与えられます。今はまだ社会人一年生として経験豊富な上長の下、黙々と与えられた業務をこなす日々が続いていますが、いつかは独り立ちして自社に貢献することを目指しています。

また、自社が中国をはじめとする海外展開を行う際にはキーマンとなって活躍できるようしっかり実力をつけていることころです。中国などからの留学生のみなさん、高い志と希望を持って諏訪東京理科大学システム工学部電子システム工学科に入学して自分の夢を叶えませんか。

高速変復調技術の研究を推進中、(株)システックリサーチ インクに内定

高 凌翔さん [中国人留学生]

中国の4年生大学卒業
松江研究室

高 凌翔さん [中国人留学生]計算機上にシステムを構築中

高 凌翔さん [中国人留学生]同僚とのディスカッションの様子

中国にある4年生大学の工学部を卒業後、2008年10月に日本に来て、1年間長野国際文化学院において日本語を勉強、日本語検定1級を取得し、その後、2010年4月から諏訪東京理科大学大学院で松江研究室において、次世代の高速変復調技術に関する勉強および研究をしています。

最初は内容が難しく理解するのに大変苦労しましたが、先生はじめ同僚にわからない点は質問するなどして、徐々に理解が深まっていきました。昨年末あたりから、修士論文のテーマとして、無線通信に不可欠な「高速変復調技術の研究」を選定して、計算機シミュレーションを中心に検討しはじめました。

また、松江研究室では、今年度、企業との共同研究を行っており、私のテーマとも関係が深く、共同研究の中身にも携わることができ、大変ありがたく思っています。

それらを通して、培われた実践力を活かして、神奈川県にある情報通信機器の開発、製造企業「(株)システックリサーチ インク」に内定を勝ち取ることができました。日本に行って仕事に就きたいという、夢がかない今は大変満足し充実した大学院生生活をおくっています。いずれは中国に戻ることも視野に入れています。

中国などからの留学生のみなさん、諏訪東京理科大学、システム工学部 電子システム工学科に入学して夢をかなえませんか?

学生へのサポート体制が充実!!

張 鴻 (チョウ コウ) さん

[長野県] 長野21日本語学院
2011年4月電子システム工学科2年
田邉研究室

張 鴻 (チョウ コウ) さん

2008年に日本に来て日本語学校に2年間通った後に、諏訪東京理科大学 電子システム工学科に外国人留学生入学試験を受けて入りました。

優しい先生方が多くおられる電子システム工学科で楽しい大学生活をおくりながら、私は2年生になることができました。

電子システム工学科の特徴は、(1)1人の先生が8名程度の学生の相談にのってくれるガイダンスグループ制度があり、勉強のこと以外に自分の生活の中で困ったこともとても親切なアドバイスをもらうなど、 きめ細やかなサポートをしてくれることや、(2)微分積分や電気回路などの基礎科目に関しては、授業の後にサポートしてくれるなど分かるまでつきあう制度があること、および(3)毎週開講されている学習支援室など、学生をサポートする体制が整っていることです。

電子の先生方はいつも学生の状態を考えながら授業を行い、難しい知識でも簡単に理解しやすい言葉で説明してくれます。授業で分からないことは、私は友達や授業の先生やガイダンスグループの先生や学習支援室の先生に質問するようにしています。電子の学生たちはとても仲が良いのもポイントです。

1年間を通じてとても良い環境下で勉強ができたお陰で、学業成績優秀者となり河村学長先生から手渡しで賞を頂きました。とても光栄で嬉しかったです。この学校で楽しみながら自分の夢を実現したいと思っています。