学生インタビュー"

在学生インタビュー

みんなの勉強スタイル、学生生活。SUWA-RIKAの今!

目標を持ち、日々勉学を続ける本学在学生たちに、勉強や学生生活の今をたずねました。

学習支援の先生方がわかるまでフォローしてくれます

菊池 舞さん

[茨城県] 水戸第二高校出身
電子システム工学科1年[2012年4月]

菊池 舞さん

 

得意なことが伸びて、苦手なことも克服!

諏訪東京理科大学では、授業で理解できなかったことを学習支援室の先生方が理解するまで丁寧に教えていただけるので、自分の苦手は克服し、得意な部分は伸ばしていくことが出来ました。自分のペースで学んでいけることが良い生活のリズムを作り出していると思います。

 

 

就職に強い電子システム工学科へ

武田 駿さん

[長野県] 飯田工業高校 電気科出身
電子システム工学科3年[2012年4月]
田邉研究室

武田 駿さん

武田 駿さん

 

良き友達との出会い

諏訪東京理科大学での学校生活の2年間は、友達と協力して楽しみながらみんなで一緒に乗り越えてきました。仲間と一緒に学習する時間はとても楽しく、自然といろいろなこと自らの力に変えることができました。今年から3年生となり研究室への仮配属も決まって、それぞれに自分の目指すもののためにみんなで一緒に頑張っています。  今の私には「これから始まる研究の日々はおそらく発見の毎日できっと充実した日々になることだろう」という期待でいっぱいです。今まで、そしてこれから出会う仲間と共にさらに自分を磨き、自らの故郷でその力を存分に発揮できる技術者になるために、今を大事にしていきたいと思っています。

今後の研究について

電子システム工学科では実践力を身につけるために、3年生から研究室に仮配属できる制度があり、私は田邉研究室に所属して、現在音響のことを研究しています。
私はカラオケアプリなどの響きに引かれて軽い気持ちで田邉研究室の門を叩きましたが・・・・・私のやっている研究は、生活分野ではスマホなどの携帯電話の音質を良くする技術だけでなく、産業分野では工場の雑音を取り除く技術、医療分野においては胎児心拍を解析する技術と、様々な用途で必要とされる基幹技術であるため、1つステップアップした自分になれるように頑張っています。
私は信州茅野の地で研究分野の理解を深め、地元飯田に就職して大学で学んだ技術を活かすことで、地元に恩返しができるようになればと思っています。

 

 

もっと学ぶために大学院進学を目指して

高井 康樹さん

[長野県] 飯田風越高校 国際教養科出身
電子システム工学科3年[2012年4月]
田邉研究室

高井 康樹さん

高井 康樹さん

 

目標は大学院進学

電子システム科の2年次では専門的な教科が多数あります。どの教科も難しい内容が多く講義を受けているだけでは理解をすることが困難でした。
 しかし難しい箇所が出てくると友人と相談したり、図書室へ行き自分で調べて解決したり、わからないところをわかるまで丁寧に教えてくれる制度がある電子システム工学科は、(1)先生と生徒の距離が近く、(2)施設が充実しており、(3)自然も豊かなため、非常に良い環境で学ぶことができます。
自分の中の「わからない」をわかるまで解決してくれるとても良い環境の中で勉強することができ、2年次で学業成績優秀者となることができました。今までの努力が報われてうれしく思うと同時に自分への励みにもなり、今後東京理科大学大学院または諏訪東京理科大学大学院に進学するという目標に向かって努力を続けていきたいと思います。

今後の研究について

入学当初から画像処理に興味があり、画像を編集する際の画質の劣化をなるべく抑えることができないか。また、動画像に関してもまた劣化を抑えることができれば、防犯カメラなど遠くから撮影しているものを時にはズームするというときに画像が粗くなることを防げるのではないか等を考えました。
このような画像や映像に興味を持っていたため、3年次に画像・音響・通信における適応信号処理を研究している田邉研究室に仮配属しました。   ソフトウェアの強みは自分のアイディアをプログラミングすることで、思いを実現できることであり、現在は研究室の先輩方や仲間と共に他人が考えつかないようなアイデアを考案して実用化するために、緊張感をもって研究に取り組んでいます。

 

 

企業との共同研究で培った実践力で長野日本無線(株)に就職内定

木田 直樹さん

[長野県]
電子システム工学科4年
松江研究室

木田 直樹さん

木田 直樹さん研究室での研究の様子

 

私は現在松江研究室に所属して、企業との共同研究「MIMO/ダイバーシチ技術を用いた高速無線通信の伝送容量の増大と高品質化に向けた研究」を担当していて、計算機シミュレーション技術をフル活用して、計算機上にシステムを開発しています。

大学院の先輩や同僚、先生と技術討論を繰り返して行い、通信システムをモデル化した後、現在プログラムを作成中です。プログラムが完成した後にはフェージング環境におけるシミュレーション評価を行っていきます。

それと並行して、就職活動にも積極的に取り組んだ結果、第1希望である長野日本無線(株)に内定を勝ち取ることができ、今は大変充実した大学生活を楽しんでいます。

これからは来年2月の卒論発表に向けて頑張っています。 次世代携帯電話などの技術の修得と研究に興味のある皆さん是非、電子システム工学科松江研究室にどうぞ。
お待ちしています。

 

 

卒業研究に邁進しながら就職活動を行い第1希望である(株)OKIハイテックに就職内定

内堀 恭平さん

[長野県] 岩村田高等学校出身
電子システム工学科4年
松江研究室

内堀 恭平さん

内堀 恭平さん研究室での研究の様子

 

私は現在松江研究室に所属して、携帯電話やWiFiに関するサービスアプリケーションの研究開発を行っています。 iPhoneとアンドロイドの2機種を対象に、GPSからの位置情報などと医療や観光情報などをインテグレートしたサービスアプリケーションをMACおよびWindowsパソコン上で開発しています。完成した暁には、安曇野市で行っている共同研究に参加して、市民などを対象にしたモニタ評価実験を行う計画です。

それと並行して、就職活動にも積極的に取り組んだ結果、第1希望である(株)OKIハイテックに就職内定を勝ち取ることができ、今は大変充実した大学生活を楽しんでいます。

現在、来年2月の卒論発表に向けて頑張っています。

携帯電話、WiFiなどのプログラミング、アプリケーション開発に興味のある皆さん是非、電子システム工学科松江研究室にどうぞ。
お待ちしています。

 

 

成績優秀学長賞を受賞しその結果で就職先を内定

上條 弘和 さん

2008年入学
[長野県] 田川高等学校出身
電子システム工学科4年
松江研究室

上條 弘和 さん卒業研究テーマに取り組んでいる様子

上條 弘和 さん卒研室の仲間と研究内容について
議論している様子

 

私はこれまで塩尻の実家からJR線を経由し茅野駅から大学までの無料バスを乗り継いで約1時間20分かけて毎日通学しています。

これまでに、電子回路や通信工学などに特に力を入れて勉強してきましたが、その結果、3年次の成績優秀学長賞をいただくことができ、大変うれしく思います。

それを励みに、4年次には卒業研究を開始するとともに就職活動の一環として、約1ケ月間地元企業においてインターンシップを体験することで、実社会における仕事のやり方や厳しさを体験でき、貴重な経験もできました。その結果、入学以来の夢であった県内のIT関連企業である「コンピュートロン(株)」への入社内定を勝ち取ることができ、大変満足しております。

4月から継続している卒業研究テーマは企業との共同研究の内容でもあり、現在、山場に差し掛かっていて毎日大変ですが、研究室の先輩や仲間と一緒に緊張感と充実感を持って頑張っています。

 

 

学業成績優秀学長賞を受賞して

梁池 昂生さん

2009年入学
[神奈川] 横浜桜陽高等学校出身
電子システム工学科3年

梁池 昂生さん

 

自分は本大学では珍しい首都圏の横浜市出身で、現在茅野市内に一人暮らしをしております。

当初理科大本校に編入を志望しており、それに向けて好成績を目指して頑張っていたのですが、本大学の環境があまりにも気に入ってしまい、本校に残ることにしました。

このたび 2年次の学業成績優秀学長賞を受賞できたのは、素晴らしい諸先生方による懇切丁寧なるご指導と、素晴らしい友人たちとの切磋琢磨のおかげかと思います。これを励みに将来は半導体材料の研究を行い、大学院進学を目指したいと思っています。

 

 

2010年度学業成績優秀学長賞を受賞して

青山 和弘さん

2011年4月電子システム工学科2年
[愛知県] 星城高校出身
青木研究室

青山 和弘さん

 

I : 学長表彰おめでとうございます。
A: ありがとうございます。

I : 普段どのように勉強をしていますか?
A : 復習を中心として授業の理解を確認しています。

I : これからどのような専門に進みたいですか?
A: バーチャルシステムのような分野に興味があります。

I : 今後の抱負を聞かせてください。
A: 今年の夏、理科大の海外研修(オレゴン大)に参加することを考えています。英語文化の衝撃を体験したいと思います。
また、理科大編入を目標にすることで勉学に気持ちを集中するようにしています。

I : ありがとうございました。

 

 

2010年度学業成績優秀学長賞を受賞して

伊藤 綾さん

2011年4月電子システム工学科3年
[長野県] 岡谷工業高校(生産システム科)出身
青木研究室

伊藤 綾さん

 

I : 学長表彰おめでとうございます。
A: ありがとうございます。

I : 普段どのように勉強をしていますか?
A : 問題解決をするために、友人とディスカッションのようなことを行っています。

I : これからどのような専門に進みたいですか?
A:今学んでいることが活かせるような分野で仕事がしたいです。

I : ありがとうございました。

 

 

一歩一歩着実に前へ: アイデアの実用化を目指して

長保 龍(NAGAYASU Ryu)さん

[長野県] 明科高校 普通科出身
2011年4月 工学・マネージメント研究科 2年
松江研究室

長保 龍さん

 

研究テーマについて

手ぶれなどのボケや雑音の影響によって劣化したディジタル画像から鮮明な画像を復元する劣化画像復元手法について研究しています。
一般に、ディジタルスチルカメラには、手ぶれ補正や色補正およびモード補正などが付加されていますが、これらはボケや雑音を予防するものであるって、劣化した画像を綺麗にすることはできません。
私たちの技術は劣化してしまった画像のみから、如何に綺麗にできるか!!について挑戦する研究です。

目標は自分のアイデアの実現

学業成績優秀として表彰されたことは、IEEEの国際学会等に論文が採録されるなど、一歩一歩努力を重ね着実に前へ進んできたことが間違っていなかったという自信になりました。また、この賞は、私だけの努力ではなく、いつも和やかな研究室のメンバーや親身になって御指導・御鞭撻をして頂ける先生のお陰だと思います。
今後の目標は、現在の研究をシミュレーションで終わらせるのではなく、誰でも手軽に扱うことが出来るように実用化の域まで高めることです。そして、高精細なディジタル画像が必要とされる医療分野のCTや内視鏡カメラ、または身近なディジタルスチルカメラなどに私のアイデアが用いられ、人々の生活に役立てるようにしたいと考えています。

 

 

頑張ったからこその学業成績優秀の表彰

小林 俊資さん

[長野県]下諏訪向陽高等学校出身
2011年4月工学・マネジメント研究科
大島研究室

小林 俊資さん

小林 俊資さん

 

受賞したときの率直な感想は?

嬉しいです。一生懸命頑張ってきたので、それが評価されたのだと思うとその甲斐があったと実感します。

何が評価されたのだと思いますか?

研究に一生懸命取り組んできたことを評価して頂いたと思います。実際の評価対象は例えば学会論文発表を精力的行ったことや、研究中のモータの試作機を国内最大級の展示会「彩の国ビジネスアリーナ2011」で発表したことだと思います。とくに、発表した試作機は設計から実験、評価までの期間が短く、通例で1年のところ4ヶ月で完成させました。もちろん先生や試作機の加工会社、当時共同で研究していた学部生の協力があってのことと思いますが、何より私自身が積極的に取り組んできたからこその成果だと思います。

今回のことで、これからの自分に自信が持てそうな気がします。評価して頂いたことに決して満足することなく、さらに頑張っていきたいです。

 

 

学業成績優秀学長賞(2年次)を励みに

守谷 英純さん

[長野県]岡谷東高等学校出身
2009年入学
電子システム工学科3年

守谷 英純さん

 

私は地元諏訪圏に在住していて電車、無料の通学バスを利用して約30分かけて通学しています。2年次では本学科において、専門へと進むために基礎となる重要な科目がたくさん用意されています。特に、電気磁気学、電気回路や電子回路です。いずれも、難しい内容が多い中で、わからない点は授業のない時間に友人同士でお互いに勉強し合いました。また、時には、学習支援室にも通って、理解度を着実に向上する努力をしてきました。そして、ある程度わかってくると授業もだんだん楽しくなってくることを実感できました。その結果、2年次の学業成績優秀学長賞を受賞することができたのです。これまでの努力が報われたことを大変うれしく思います。これを励みにこれからも自分の進路に向かって一層努力していきたいと思います。